TOP 製品・技術 設  備 会社情報 アクセス お問合せ

発電プラント・石油化学プラントの品質マネージメントが主たる業務です。
形態は、炉内(全体)焼鈍及び局部焼鈍です。
溶接・熱間加工等で生じる引張り残留応力を緩和・除去することが目的です。
残留応力は徐々に進行し、溶接部の応力腐食割れ(SCC)を引き起こし、
鋼の健全性を失わせ、やがて破断させる恐れがあります。
応力緩和・除去効果としては、
溶接部の軟化、じん性・延性・展性・被削性の向上、
結晶粒子の調整等が挙げられます。
電気炉・温度制御盤 炉内焼鈍・局部焼鈍 焼入れ・焼戻し
高周波・低周波誘導加熱装置 電気ヒーター・予熱バーナー